フリーダムな消費者金融情報

フリーダムな消費者金融情報

カードローンの使い方

いつでも好きな時にお金を借入れすることができるカードローンは、現在キャッシングの主流ともいえます。ただ、ローンカードやATMの種類によって使い方は大きく変わってくるので注意が必要です。

 

詳細については、利用しているカードローン会社か、銀行まで問い合わせてみるとよいでしょう。なお、基本的な使い方については、まずはATMに行き「引き出し」と書かれている部分をタッチします。

 

もし仮に、「カードローン」や「キャッシング」の項目があれば、そこをタッチします。次にキャッシング会社から発行されたローンカードを挿入します。

 

暗証番号を入力して、希望の利用金額を設定すれば完了になります。また、返済についても、借り入れと同じようにATMで済ますことができます。

 

ローンカードを挿入し「ご入金」か「お預け入れ」、「返済」の部分をタッチします。暗証番号を入力して、現金を投入すれば返済が完了となります。

 

基本的にカードローンは、銀行だけでなくコンビニのATMでも対応しています。仕事が忙しくて中々銀行に行けなかったとしても、会社帰りにコンビニに立ち寄ればキャッシングすることができるわけです。

 

なお、カードローンには借入額に上限がありますが、利用する際は上限額ギリギリではなく、1万〜2万といった少額から利用した方が良いでしょう。返済も無理無くできるため信頼にもつながりますよ。

 

カードローンとフリーローンの違い

 

住宅ローンは、家やマンションの支払いが目的です。教育ローンであれば、学費等の支払いが目的となり、使い道が限られています。しかし、フリーローンの場合は、使い道が自由となっています。

 

では、カードローンはというと、これまたフリーローンと同じように借りたお金をどう使おうがその人の自由です。あまり褒められた行為ではありませんが、それこそ賭博に注ぎ込んでも良いわけです。

 

一見すると同じように見える2つのローンですが、全くの別物です。カードローンの場合、限度額内であれば自由にお金を借入れすることができます。

 

例えば、借り入れ限度額が100万円だったとします。今現在、50万円を借入していたとしても、新たに50万円を借りることができるわけです。

 

しかし、フリーローンの場合は、同じように借入れ限度額が100万円で50万円の余裕があったとしても、自由にキャッシングをすることはできません。

 

50万円を完済するまで借りられないのです。2つの大きな違いと言えば、自由に借りられるかどうかですが、融通が利く分、カードローンの方が便利かもしれません。しかし、利用には十分注意が必要です。

 

安易に利用できる分、使い方を一歩でも間違えてしまうととんでないことになりかねませんからね。どちらのローンを利用するにせよ、それぞれの特性を活かして上手く利用していきたいものです。

 

カードローンを早く返す方法

 

カードローンを利用してお金を借りたなら、やはり1日でも早く借入れ分を返済して肩の荷を降ろしたいのが本音でしょう。返済を早くすることにより、気分的にも凄く楽になれますからね。

 

方法としては一括で済ませるのが何よりですが、それができれば苦労は無いというものです。しかし何も方法が無い訳ではありません。借金を早く返すには、毎月の返済額を上げれば良いのです。

 

例えば、金利18%のカードローンを利用して10万円を借り入れするとします。月々1万円の返済であれば、回数は10回で利息は8,130円となります。

 

これを月々2万円の返済に設定すれば、回数は5回に抑えられ、1万円返済する場合と比べるとかなり早く完済することができます。

 

その上、利息も3,695円も浮くので、とても経済的です。返済の途中で臨時収入などが入った場合、それを返済に充てるのも手です。

 

カードローンの場合、返済面に関してはクレジットカード等と違って融通が効くので利用しない手はありません。支払い期間も短縮され、その分の利息も浮くので抑えておきたいところですね。

 

ただ、借金を早く返済したいがために無理し過ぎてはいけません。後になって返済ができなくなってしまえば、笑い話では済まされなくなってしまいます。自分のできる範囲内で行うようにしましょう。

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ